情報デザイン研究部会開催のご案内

2010年10月29日(金),30日(土)の2日間,多摩美術大学八王子キャンパスにて、情報デザイン研究部会(以下、InfoD)、情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会(以下、HCI部会)、情報処理学会情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会(以下、UBI部会)との共催で部会を開催いたします。多摩美は芸祭期間中となります。

29日は研究発表会、30日は研究発表会、及びデザインワークショップを予定しております。
初めてのHCI部会との共催となりますので、お互いのことを理解しあえるような場を設けたいということで、デザインのワークショップを計画しました。ワークショップは、情報デザインを学び、現在現場で活躍している若手デザイナーが中心となって計画をしてきました。

申し込みは必要ありません。当日会場へおこしください。
ワークショップは会場の関係で人数の制限を設けております。

今回は、テーマ設定をしております。「体験するインタラクション」です。
デザイン、情報処理の分野ではお互いに同じようなテーマを扱っていると思います。それらを、実践や体験という観点から議論できればと思います。

■参加費に関して
今回は、InfoDも研究発表いたします。
HCI部会は研究発表の場となっており、冊子(現在はデータのみ)を発行しています。HCIでは冊子の編集代金として参加費2000円となっています。(多くのメンバーは部会年会費として納めているそうです)
今回は、参加費2000円となります。
29日夕方に懇親会を行います。参加費(実費)1000円です。
ワークショップは参加費(昼食代)1000円です。

以下、研究会プログラムは、情報処理学会のサイトに載っております
http://www.sighci.jp/events/sig/140

■ とき:2010年10月29日(金),30日(土)
■ ところ:多摩美術大学八王子キャンパス 情報デザイン棟
(192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723)
アクセスマップ
http://www.tamabi.ac.jp/access/
キャンパスマップ
http://www.tamabi.ac.jp/prof/hachioji.htm
■ テーマ:「体験するインタラクション」及び一般
■ 共催:日本デザイン学会 情報デザイン研究部会,情報処理
学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会

■ 招待講演:
1.須永剛司 氏(多摩美術大学 情報デザイン学科 教授)
「文系・理系・美系の分野が共同を始める姿」
10月29日(金)13:30〜
現在,独創的な学際的研究プロジェクトを推進されている須永先生に,文系・理系・美系の分野が,社会実践での連携をとおして相手の分野を知り,ゆっくりと共同を始める姿と,そこから見いだしたことについて美系分野の視点から紹介して頂きます.

2.若手デザイナー主催による参加体験型ワークショップ
「日常の体験「食べること」から得られた本質を応用して「研究会」をデザインする」
10月30日(土)11:00〜
「体験する」というテーマに則りまして,参加体験型ワークショップを企画しております.これは,情報デザイン学をバックグラウンドとして第一線で活躍する若手デザイナー主催によるもので,須永先生の招待講演内容とも絡めまして,工学系研究者とデザイナーのアプローチの違いを,ワークショップを通じて参加者の方々に体験して頂きます.参加には昼食代を徴収させて頂く予定です.詳しくはWebページで内容をお知らせします.
http://www.sighci.jp/events/sig/140

■ プログラム
10月29日(金)9:00ー18:50 研究発表 19:00-20:00 懇親会
10月30日(土)09:10ー10:25 研究発表 10:35-10:50 SIGUBI表彰式 11:00-18:00 参加体験型ワークショップ

デザイン学会 教育部会:2010年度「デザイン研究会」7月のお知らせ

下記要領にて本年度初回の「デザイン研究会」を開催いたします。
毎年2〜3回のペースで実施されるこのデザイン研究会は、幼稚園から大学・専門学校に至るデザインや造形教育に携わる先生方をはじめ、デザイナー、クリエーター、研究者、学生など、様々な立場の方々が交流できる自由な研究会です。
座談会の形式を予定しておりますので、教育現場に携わる先生方やデザイン、教育に関心のあるデザイナーや作家、学生の方々など、多数の参加をお待ちしております。
この会はデザイン学会の所属に関係なく、どなたでも自由に参加できます。

●7月のテーマ:
座談会「これからのデザイン教育を考える」
昨年度、参加の主メンバーによる論集「21世紀のデザイン教育を考える」第1集を作成いたしました。
今回はその第2集が編集されましたことを受け、その内容に触れながら参加の皆様とこれからのデザイン教育について考えて参ります。

●日時:
2010年7月9日(金)18:00〜20:00

●会場:
日本デザイン専門学校
http://www.ndc.ac.jp/

〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷5-7-3 
JR総武線 千駄ヶ谷駅徒歩10分

●参加費:
無料・申し込み不要

●問合せ:
日本デザイン専門学校 金子武志(教育部会・主査)
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷5-7-3  
tel: 03-3356-1501
e-mail: kaneko@ndc.ac.jp

●主催:
日本デザイン学会 教育部会
http://jssd.jp/modules/tinyd5/index.php?id=51

デザイン研究会ご案内(PDF:72KB)
会場マップ(PNG形式:384KB)

環境デザイン部会機関誌—EDplace 58号2010

環境デザイン部会機関誌のEDplace 58号2010の表紙画像をUPしました。
目次〜巻頭言をご覧頂けます。

EDplace 58号2010(画像:jpg:1.5MB)

本誌をご希望の方は、環境デザイン部会事務局までお問い合わせください。

案内:「デザイン塾:“イスタンブールの日本庭園建設に関する特別講義”」(DTM部会)

下記要領にて,デザイン塾の特別講義を開催致します.デザインに関わる多数の皆様の積極的なご参加をお待ち致しております.

■主催 :日本デザイン学会 デザイン理論・方法論研究部会 (DTM),デザイン塾

■共催 :グローバルCOE 「環境共生・安全システムデザインのための先導拠点」

■日時 :平成22年4月16日(金),13:00 〜 18:00

■会場 :慶應義塾大学矢上キャンパス (最寄駅:東急東横線日吉駅)
      創想館2階204室
      http://www.st.keio.ac.jp/access/

■参加 :無料(※どなたでも自由にご参加いただけます)

■登録 :平成22年4月15日(木)までに,DTM 幹事,慶應義塾大学,氏家良樹までご連絡下さい.
      designjuku@mech.keio.ac.jp

■スケジュール:

(1) 「下関市とイスタンブール−異国の地に日本庭園を造る−」 (13:00〜14:30)
   ・藤本宣也氏 (下関造園クラブ理事長)

(2) 「イスタンブールにおける日本庭園のデザイン」 (14:45〜16:15)
   ・森和義氏 (森芳楽園代表取締役)

(3) 総合ディスカッション (16:30〜18:00)

■ポスター:下記URLの「イベント」をご参照下さい.
        http://www.designjuku.mech.keio.ac.jp/

案内:「デザイン塾:“デザイン科学講座”」(DTM部会)

下記要領にて,『デザイン塾:“デザイン科学講座”』を開催致します.デザインに関わる多数の皆様の積極的なご参加をお待ち致しております.

■主催:デザイン科学に関連する下記の連合,デザイン塾
     ・日本デザイン学会 デザイン理論・方法論研究部会(DTM)
     ・日本機械学会 Design理論・方法論研究会
     ・日本設計工学会 設計理論・方法論に関する研究調査分科会

■共催:グローバルCOE 「環境共生・安全システムデザインのための先導拠点」

■日時:平成22年4月10日(土)、10:00 〜 19:00

■会場:慶應義塾大学矢上キャンパス (最寄駅:東急東横線日吉駅)
     創想館3階ディスカッションスペース33・34
     http://www.st.keio.ac.jp/access/

■参加:¥8,000 (教材,懇親会費を含みます)

■対象:学生(社会人Dr.も歓迎)

■登録:平成21年4月5日(月)までに,DTM 幹事,慶應義塾大学,氏家良樹までご連絡下さい.
     designjuku@mech.keio.ac.jp

■スケジュール:

(1)「“デザイン科学”の文脈と胎動」 (10:00〜11:00)
   ・松岡由幸 (DTM 主査,慶應義塾大学)

(2)「デザイン理論・方法論の可能性」 (11:00〜12:00)
   ・佐藤浩一郎 (慶應義塾大学)

(3)「デザイン理論・方法論のデザイン研究への応用事例」 (13:00〜14:00)
   ・氏家良樹 (慶應義塾大学)

(4)「デザイン理論・方法論のデザイン実務への応用事例」 (14:00〜16:00)
   ・林田崇 (スズキ デザイン部)
   ・北村武士 (日産 デザイン部)

(5)「デザイン理論・方法論のデザイン教育への応用事例」 (16:00〜17:00)
   ・伊豆裕一 (東芝)

(6)懇親会 (17:00〜19:00)

■ポスター:
http://www.designjuku.mech.keio.ac.jp/

タイポグラフィ部会 : 平成21年度タイポグラフィ研究部会講演会のお知らせ

印刷博物館共催・日本デザイン学会タイポグラフィ研究部会講演会2009
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「イギリスのデザイン教育におけるタイポグラフィ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

□講師:ジャック・ブレイク氏(London College of Communication 教授)

近代タイポグラフィの礎を築いてきたイギリスのタイポグラフィは、今日の激変するネット社会とデジタル化が進むコミュニケーションの世界の中で、そのあり方が問われています。講演では、LCCの現在の授業内容やタイポグラフィと教育の今後の課題について論じられます。

【講演場所】印刷博物館 グーテンベルグルーム
【講演日時】2009年10月3日(土)15:00〜17:00
【入場料】 企画展「近代教育をささえた教科書」展の入場料(一般500円、学生300円)から講演会出席者はそれぞれ50円引き

案内:「デザイン理論・方法論研究部会共催イベント」(DTM部会)

下記要領にて,DTM部会の共催イベントが開催されます.多数の皆様の積極的なご参加をお待ち致しております.

■主催: 日本設計工学会 「設計理論・方法論に関する研究調査分科会」

■共催: 日本デザイン学会 「デザイン理論・方法論研究部会」, 日本機械学会 「Design理論・方法論研究会」

■日時: 2009年7月7日(火)、13:30〜17:00

■場所: 埼玉大学東京ステーションカレッジ
      東京都千代田区丸の内1-7-12 JRサピアタワー9階
      電話:03-5224-8751
      http://www.saitama-u.ac.jp/coalition/tsc-guide.html

■スケジュール:

13:30-15:00
  講演「海外における設計に関する研究・教育の現状」(仮), 福田収一先生(スタンフォード大学)

15:00-15:10
  休憩

15:10-16:40
  講演「産業遺産にみる技術者の設計思想」(仮), 堤一郎先生(職業能力開発総合大学校)

16:40-17:00
  総合討論

■参加: 無料

■申込: 2009年7月5日(日)までに、氏家良樹(DTM幹事、慶應義塾大学)へメールにてご連絡下さい。

■問合せ:  氏家良樹
        ujiie@mech.keio.ac.jp

案内:「デザイン塾: Sanghyun Jee 先生 特別講義」(DTM部会)

Hansung University の Sanghyun Jee 先生をお迎えして,下記要領にて,デザイン塾の特別講義を開催致します.デザイナー,エンジニアなどのデザイン現場に携わる方々,様々なデザイン領域の教育者や研究者の方々など,デザインに関わる多数の皆様の積極的なご参加をお待ち致しております.

■主催 :日本デザイン学会 デザイン理論・方法論研究部会 (DTM),デザイン塾

■共催 :グローバルCOE 「環境共生・安全システムデザインのための先導拠点」

■会場 :慶應義塾大学矢上キャンパス (最寄駅:東急東横線日吉駅)
      創想館2階204室
      ※ アクセス詳細: http://www.st.keio.ac.jp/access/

■参加 :無料(※どなたでも自由にご参加いただけます)

■日時 :

□ 6月5日(金)

13:00-14:00 「What is NPR (Non Photorealistic Rendering)」
            Sanghyun Jee(Hansung University)

14:00-14:30 「デザインサイエンス:”造る”と”使う”を統合する」
            松岡由幸(DTM 主査,慶應義塾大学)

□ 6月12日(金)

13:00-14:00 「Positioning a Brand on “Needscope”」
            Sanghyun Jee

14:00-14:30 「デザインサイエンス:”物”と”心”を統合する」
            松岡由幸

□ 6月19日(金)

13:00-14:00 「Development of the philosophy for LG refrigerator based on Cultural Archetype」
            Sanghyun Jee

14:00-14:30 「デザインサイエンス:”最適性”と”創発性”を統合する」
            松岡由幸

■問合せ:DTM 幹事,慶應義塾大学,氏家良樹
            designjuku@mech.keio.ac.jp

案内:「デザイン塾:“デザインサイエンス”,その文脈と胎動」(DTM部会)

下記要領にて,『デザイン塾:“デザインサイエンス”,その文脈と胎動』を開催致します.デザイナー,エンジニアなどのデザイン現場に携わる方々,様々なデザイン領域の教育者や研究者の方々など,デザインに関わる多数の皆様の積極的なご参加をお待ち致しております.

■主催 :デザイン科学に関連する下記の連合,デザイン塾

   ・日本デザイン学会 デザイン理論・方法論研究部会 (DTM)
   ・日本機械学会 Design理論・方法論研究会
   ・日本設計工学会 設計理論・方法論に関する研究調査分科会

■共催 :グローバルCOE 「環境共生・安全システムデザインのための先導拠点」

■日時 :平成21年5月22日(金)、14:00 〜 19:00

■会場 :慶應義塾大学矢上キャンパス (最寄駅:東急東横線日吉駅)
      創想館7階マルチメディアフォーラム
      (※ アクセス詳細: http://www.st.keio.ac.jp/access/)

■参加 :¥1,000 (懇親会費を含みます)

■登録 :懇親会へのご参加の有無も含めまして,平成21年5月15日(金)までに,
      DTM 幹事,慶應義塾大学,氏家良樹 (designjuku@mech.keio.ac.jp)
      までご連絡下さい.

■スケジュール :

(1)「“デザインサイエンス”の文脈と胎動」  司会:氏家良樹 (慶應義塾大学)

   ・松岡由幸 (日本デザイン学会 デザイン理論・方法論研究部会 (DTM) 主査,慶應義塾大学)
   ・村上存 (日本機械学会 Design理論・方法論研究会 主査,東京大学)
   ・綿貫啓一 (日本設計工学会 設計理論・方法論に関する研究調査分科会 主査,埼玉大学)

(2)「新パラダイム:時を紡ぐ“タイムアクシス・デザイン”の提唱」  司会:五十嵐浩也 (筑波大学)

   ・松岡由幸
   ・小林昭世 (武蔵野美術大学)
   ・脇田玲 (慶應義塾大学)
   ・五十嵐浩也 (筑波大学)

(3)懇親会 (17:00〜19:00)

■ポスター : 添付ファイル(ポスター:PDF:209KB)

平成20年度タイポグラフィ研究部会講演会のお知らせ

印刷博物館共催・日本デザイン学会タイポグラフィ研究部会講演会2008
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
TYPOGRAPHY : Old & New
—ウイリアム・ギャンブル & 書体設計の原理—
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日本デザイン学会にタイポグラフィ研究部会が発足して2 年目を迎えます。今年度も昨年に引き続きOld & New の企画でのぞみます。今後の学会におけるタイポグラフィ研究発展を促進するために、この分野で活躍中の方々に講演をお願いし、大いに学ぶ機会を与えていただこうということからこの講演会を印刷博物館のご協力を得て開催いたします。

【講演場所】 印刷博物館 グーテンベルグルーム
【講演日時】 2008 年12 月20 日(土) 15:00〜17:00

■講演1「ウイリアム・ギャンブル(William Gamble)」

□講師:後藤吉郎(武蔵野美術大学教授)

ギャンブルの功績は、上海美華書館での活版印刷技術を充実させ文書伝道を軌道に乗せたとういだけではなく、アジアの漢字文化圏に多大な恩恵をもたらしました。我が国にも、この技術が招来し、近代国家の礎を築く大きな原動力となったことは、よく知られているところですが、ギャンブルの人となりや、中国で果たした実績について十分検討されたておりません。講演では。これまで明らかにされてこなかった点について、また新たに発見されたギャンブルの遺品から新たな視座で美華書館の事業が語られます。

■講演2「錯視の回避」

□講師:小宮山博史(佐藤タイポグラフィ研究所代表)

漢字明朝体をデザインするとき、錯視をどう回避するかが書体の優劣を左右します。読者が気がつかない程度の細かい配慮なのですが、かつての活字職人も練達のデザイナーも錯視の回避について発言することがないため、あまり知られることがありません。そのため後続のデザイナーは既成の優秀書体から自分なりに要素を抽出することになります。今回は抽出できた錯視とその処理についてお話ししようと考えています。

http://jssd.jp/files/bukai13_081215