支部メッセージ

 「日本デザイン学会第1支部」は、「デザイン学を地域に還元する」ことを目的に、東北・北海道地区のデザイン系大学が集まり組織された支部会です。

 これまで第1支部では、地域に開かれた学会活動をコンセプトに、仙台・札幌・函館・秋田・山形・八戸にある各校に出向き、地元市民と学生、社会人、教員らがフラットにデザイン学の知見を交流する場を作ってきました。

 このように、現場における交流を何よりも大切にしてきた第1支部大会ですが、令和2年度(2020年度)はCovid-19感染拡大防止に配慮し、オンラインで開催します。

 リアルな開催地域に根ざした学会活動はできませんが、オンラインという共有の「地=知」に根ざすさまざまな現場で、実践されているデザインの小話(デザインむだ話)を持ち寄ることから、ラディカルに変容する社会におけるデザインの居場所を思索します。

運営委員

支部長:横溝 賢(札幌市立大学)
副支部長:柚木泰彦(東北芸術工科大学)
幹事:
福田大年 (札幌市立大学)、安井重哉(公立はこだて未来大学)、、 堀江政広(東北工業大学) 、 酒井聡 (東北芸術工科大学)、石井宏一(秋田大学)、菅原香織(秋田公立美術大学)、田中隆充(岩手大学)、中島郁子(wirefactory)、両角清隆(特別監事:東北工業大学)、岡本誠(特別幹事:公立はこだて未来大学)、原田泰(公立はこだて未来大学)

事務局

札幌市立大学 デザイン学部 人間情報デザインコース 横溝研究室

お問い合わせ先

conf.jssd1stb○gmail.com(○を@に変えてください)