JIDAスタンダード委員会セミナー部会からセミナーのご案内

第93回勉強会【リビングラボを活用した高齢者の生活における課題解決の手法】

◆日時:11月22日(金曜日)16:00~19:00

◆場所: AXIS GALLERY

◆講師:・特別養護老人ホームクロスハート幸・川崎 統括施設長 菊池健志さん

    ・国立研究開発法人産業技術総合研究所, 情報・人間工学領域, 主任研究員、Safe Kids Japan理事 

北村光司さん

    ・東京工業大学 工学院 機械系 エンジニアリングデザインコース教授、Safe Kids Japan理事 

西田佳史さん

    ・JIDA キッズデザイン部会長 久永文さん

◆参加費:JIDA会員 2,000円/一般 3,000円/一般学生500円/学生会員 無料 

(税込み)参加者(先着100名)に3つの小冊子「ABC理論で考える問題解決の方法」「かえたいこと」を

発見するために」「リビングラボが目指すもの」を配布

◆定員:100名

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆概要:経済産業省は、日本が世界に様々なソリューションを提供する「課題“解決”先進国」となるために、

学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」(学びの場)創出事業))を推進しています。産業技術総合研

究所(産総研)は、「未来の教室」構想の一分野として高齢者の生活環境と介護分野に視点を当て、観察と

事例収集、分析と研究を行なっています。その研究成果として、高齢者の生活における課題解決のための手

法を紹介する以下の3つの教材「リビングラボが目指すもの」「「変えたいこと」を発見するために」「A

BC理論で考える問題解決の方法」をJIDA(公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会)と開発致

しました。これらを導き出した背景や課題を皆様と共有することで、私たちは、何をどうするのかを、もう一

度考えてみましょう。実際に、リビングラボの取り組みの中で現場の職員と企業が問題を整理し、1つの解決

方法を見出しました。これらの実践事例を紹介します。

1.     キッズデザイン部会の活動コンセプトとこれまでの活動の経緯

2.     高齢者施設でのリビングラボ

3.     行動ライブラリについて

4.     ABC理論

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加希望の方は下記URLよりご参照の上、お申込み下さい。

https://www.jida.or.jp/site/information/benkyokai92

参加申し込み後に欠席となる場合は、事前に事務局までご連絡ください。

公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会

  Japan Industrial Designers’ Association/JIDA

  〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F

  Phone: 03-3587-6391 Facsimile: 03-3587-6393

  E-mail: jidasec@jida.or.jp

  URL: https://www.jida.or.jp/

農業デザイン研究部会 延期のお知らせ(10/13 研究会)

「農業デザイン研究部会」の第一回研究会(上田市/サントミューゼ)を10月13日に予定しておりましたが、台風の接近により、延期になりました。日程については調整後に改めてお知らせ致します。

2019年度 日本デザイン学会 第5支部発表会 発表申し込み締め切りの延長(10/11金まで)

第5支部発表会の発表申し込みの締め切りを 10月11日(金) まで延長しました。
併せて、発表原稿投稿締め切り(以降、発表概要の編集不可)を 11月8日(金) まで延長しました。

この後の延長は予定しておりませんので、発表予定の方は、必ず期限までにお申し込みをお願いいた
します。
詳細は、下記URLよりご確認ください。

1) 開催案内
http://design.kyusan-u.ac.jp/jssd5th/index.php/2019%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%AC%AC5%E6%94%AF%E9%83%A8%E7%99%BA%E8%A1%A8%E4%BC%9A

2) 利用者ガイド
http://design.kyusan-u.ac.jp/jssd5th/index.php/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89

多くの皆様のご発表、ご参加を心よりお待ちしております。

2019年度秋季企画大会・第1支部大会:大会幹事校サイトの公開

2019年度日本デザイン学会秋季企画大会および2019年度日本デザイン学会第1支部大会の大会幹事校サイトが公開されましたので、ご確認ください。
大会参加登録および学生プロポジション出展申込フォームよりお申し込みください。

幹事校サイトはこちらです。https://www.tuad.ac.jp/jssd19f/

ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ:「ローカル」とクリエイティブ、参加募集

地域、日本、世界をクリエイティブにデザインする「ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ」というコミュニティを2018年9月に発足して活動を開始しています。
今回は、「ローカル」にフォーカスを当てて、地域、日本、世界をクリエイティブにデザインするためにどのような活動が行われているのか、どのような切り口で考えていくことが可能なのか、をご参加者の皆さまと考えていくイベントを企画いたしました。どなたでも参加可能です、みなさまのご参加をお待ちしています。


■日時:9月27日(金)18:30-21:30 (18:00開場)
■一般参加費:2000円、学生は無料ですが事前申し込みが必ず必要です。
■会場:武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス7階(市ヶ谷駅より徒歩3分)
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-4
■主催:ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ、武蔵野美術大学
■詳細および申込:http://ptix.at/eNhpzj

■プログラム

1)話題提供(18:30-19:45)
「北斎の町 小布施でクリエイターハブを作るには – 小布施から考える「ローカル」」塩澤 耕平氏(ハウスホクサイ 管理人)
「トランスローカルマガジン「MOMENT」から考える「ローカル」(仮)」白井瞭氏(リパブリック MOMENT編集長)
「日本のデザイン政策と「ローカル」」菊地拓哉氏(経済産業省 デザイン政策室 室長補佐)
2)Q&A/ディスカッション(19:45-20:00)
「ローカル」にクリエイティブのできることとは
3)ライトニングトーク / ポスター発表(20:00-20:20)
小山田那由他氏 / コンセント PUB.LAB.
Judah Armani / Research fellow at Central St Martins
Matias Delfino / Lead Brand Designer at The United Nations Children’s Fund (UNICEF), New York (ポスター発表)
4)交流会(20:20-21:30)

■プレゼンタープロフィール / メッセージ

塩澤 耕平氏(ハウスホクサイ 管理人)
NTTデータの医療部門を経て、東北やシンガポールで在宅診療所の新規事業などを担当。2017年、29歳で独立して、長野の小布施町でコワーキングスペース「ハウスホクサイ」を運営。カフェ準備中。29歳で独立して、人が集まる「場」を地域で作りたくなりました。小布施は江戸時代からその土壌があります。葛飾北斎が4度も訪れ、サロンに参加して作品を残していった場所でもあります。 私も、コワーキングスペースの運営やカフェを通して、クリエイティブな「場」を作ることに取り組んでいきたいと思っています。手探りの中ですので、皆様と一緒に考える時間にできればうれしいです。

2019年度 日本デザイン学会 第5支部発表会の案内

日本デザイン学会第5支部では、下記のとおり第5支部発表会を開催いたします。

■ 日 程:2019年11月23日(土・祝日)
■ 会 場:西日本工業大学 小倉キャンパス
■ 幹事校:西日本工業大学

本発表会では、全国区で開催される春季研究発表大会に準じた口頭形式/ポスター形式による「研究
発表」、発表練習や聴講者との意見交換を目的としたプレゼンテーション形式による「ライトニング
トーク」の2区分を新たに設けることにしました。
また、前者においては、発表者の投稿作業の容易化、投稿コンテンツの多様化を目的として、これま
でのPDF概要集から「MediaWiki」の利用を試みることしました。

詳細につきましては、下記の「1) 開催案内」および「2) 利用者ガイド」をご確認ください。
多くの皆様の、ご発表、ご参加をお待ちしております。

1) 開催案内
http://design.kyusan-u.ac.jp/jssd5th/index.php/2019%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%AC%AC5%E6%94%AF%E9%83%A8%E7%99%BA%E8%A1%A8%E4%BC%9A

2) 利用者ガイド
http://design.kyusan-u.ac.jp/jssd5th/index.php/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89

2019年度日本デザイン学会秋季企画大会 学生プロポジション募集の案内

日本デザイン学会では、デザインを学ぶ方々へのデザイン学研究の普及を目的に、秋季企画大会「学生プロポジション」展覧会を実施しています。 本年度の秋季企画大会は11/8(金)~11/10(日)に東北芸術工科大学で開催され、その中で、大会プログラム2日目の11/9(土)12:30-13:50に実施いたします。

「学生プロポジション」では、大学、大学院あるいは専門学校でデザインを学ぶ皆様が、日頃の研鑽の成果を展示発表し、交流することで、幅広いデザインの知と技を共有します。併せて、出展者の学生諸君には大会プログラムを聴講いただき、学会活動への関心 を高めていただきます。

なお、当プロポジションは、指導の先生方から応募いただきますようお願いいたします。本会が、数多くの学校からの参加によって、明日を担う学生たちの交流の場となることを楽しみにしています。

■開催場所:東北芸術工科大学 デザイン工学実習棟A 1階 C室
■開催日程:2019年11月9日(土)12:20-13:50
■実施方法:
1. 応募資格:大学院生、大学生、専門学校生の個人あるいはグループ。
2. 対象作品・研究:デザイン、情報に関わる卒業研究や授業課題、あるいは研究室プロジェクトの成果。
3. 出展費用:出展1件につき、1,000円・当日受付にてお支払いください。
・「出展者の学生(代表者1名)」は大会への参加が可能です。
・代表者1名以外の方が大会プログラムを聴講する場合は、別途、大会受付で手続きをお願いいたします。
4. 展示形式・出展1件につき、ポスターによる展示です。作品現物の展示も可とします。
・ポスターはA1サイズ(縦位置)1枚、作品現物は40cm×40cm以内のモノ(共に送付は受付けません)。
・出展者が展示場所で発表することが条件です(発表者不在での展示のみの参加は受け付けません)。
・必要であれば,展示のための備品(延長コードなど)や機材(液晶ディスプレイなど)を持参してください。
5. 展示方法・ポスターや作品現物を当日持参し、設営、展示、発表を行い、終了後に撤去し持ち帰ってください。
・ポスターは縦型ホワイトボードスタンドにマグネットで固定します。
・会場内の展示位置は幹事校サイトに掲載する「2019年度JSSD学生プロポジション応募受付番号」で指定します。
・当日の進行(出展数によるスケジュールの変更があります) 
 10:30~12:00 出展登録と設営 
 12:30~13:50 発表と議論 
 13:50~ 撤去
6. 出展キャンセル 
・応募受付された展示をキャンセルする場合は、大会1週前の11/1(金)までに実行委員会宛にメール連絡してください。
7. 大会参加
・本学生プロポの学生以外の出展者(教員等)は、所定の大会参加費をお支払いいただきます。
・出展者の学生の方は、「出展者名札(代表者1名)」を提示することで、大会プログラムを聴講することができます。
・代表者1名以外の方がグループ出展で大会プログラムを聴講する場合は、別途、大会受付で受付をお願いいたします。

■応募方法
1. 応募締切:10月11日(金)17:00
2. 応募方法:幹事校サイトにアクセスし、出品研究・制作ごとに、下記要項を学生プロポジション出展申込フォームから入力してください。
申込フォーム受付後に事務局からお送りする自動返信メールをもって応募手続き完了とします。なお、同一人物が複数件応募する場合も、出展1件につき1応募となります。
3. 学生プロポジション出展申込フォームから記入いただく事項は以下の通りです。
(a)出展作品・研究題目
(b)代表者氏名・所属
(c)代表者メールアドレス
(d)共同研究の場合は全員分の氏名・所属
(e)指導教員氏名・所属・教員メールアドレス
(f)作品持ち込みの有無、電源の使用希望の有無、そのほか質問があれば記入してください。

【重要】大会参加登録フォームへの記入も必ず行ってください。

※応募受付後、自動送信メールを事務局より配信いたします。10月下旬、幹事校サイトに「2019年度JSSD学生プロポジション応募受付番号」を掲載いたしますので、事前にご確認ください。

学生プロポジション 担当
・研究推進委員会(小林 昭世・蘆澤 雄亮・柿山 浩一郎)
・企画委員会(岡崎 章・加藤 健郎・森田 昌嗣)

問い合わせ先
・学生プロポジション事務局(藤田 寿人)e-mail:prop.jssd2019f@gmail.com

幹事校サイト:http://www.tuad.ac.jp/jssd19f/ 

2019年度日本デザイン学会秋季企画大会及び2019年度日本デザイン学会第1支部大会の案内

2019 年度日本デザイン学会秋季企画大会及び2019年度日本デザイン学会第1支部大会を下記要領にて開催することになりましたので、ご案内申し上げます。ライトニングトーク、フィールドワークなど自由な研究交流が行える場をご用意しております。秋の香りあふれる山形にご参集ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■日程:2019年11 月8 日(金)~ 11 月10 日(日)
■会場:東北芸術工科大学
■テーマ「おいしいデザイン」
長い年月を経て地域が生み出した独自の素材、技術、文化、伝統など、それらの魅力を多角的に引き出し、私たちの思考や日々の生活を真に豊かにする地域のデザインが今日求められています。そして、地域特有の良質なデザインに出会えることは、旅の楽しみにもつながります。さて、山形県内の2つの空港には、「人も食も、自然も文化もすべてがおいしい」そのような思いを込めて、「おいしい山形空港」「おいしい庄内空港」という愛称がつけられています。「おいしい」という言葉は「味がよい」という意味に留まらず、「ここでしか味わえない魅力」「自分も幸せ、みんなも幸せ」など幅広い解釈もでき、人の感覚の奥深いところに響く魅力や価値を表しています。令和元年を迎え、本大会では未来をポジティブに切り拓くためのテーマとして、「おいしいデザイン」を掲げました。ここ山形市を舞台に、地域を元気にするデザインを見つめ、未来を語り合う企画としてフィールドワーク「おいしい山形を探そう!」をはじめ、自由な研究交流を行える場をご用意しております。秋の香りあふれる山形に多くの皆様にご参集いただき、多様な気づきを共有できましたら幸いです。

■主な大会プログラム

11月8日(金)
14:00- 受付開始

15:00- 開会式、各賞表彰式・挨拶

15:40- 17:00 基調講演「おいしいデザイン」|中山ダイスケ氏(東北芸術工科大学 学長)
農業県山形県の小都市山形市に在する芸術デザイン系大学として、食文化や農林水産業、地域社会が抱える未来課題との関わりは、東北芸術工科大学の重要なアイデンティティーとなっています。首都圏の大学とは全く異なった状況に大学をあげて奮闘する取り組みを紹介しながら、新しい時代の芸術大学の役割を考えてみます。

17:10- 17:40 出版記念講演「デザイン科学事典」出版とデザイン科学の今後|松岡由幸氏(日本デザイン学会 学会長)
本講演では、このたび上梓される「デザイン科学事典」(学会編,丸善出版)の概要を紹介します。また、この編纂には、構想段階を含めると10年以上を要しており、その編纂を通じて得られた、学会が取り組むべき今後の課題についても言及します。

11月9日(土)
08:30- 受付開始

09:30-11:30 ライトニングトーク
企画テーマに関連したテーマを中心に、研究成果、活動紹介、研究コンセプトの紹介、課題の共有など広く発表を募集します。日本デザイン学会員だけでなく、非会員の方の参加も大歓迎です。発表時間は5分と短いですが、様々な話題を同時に共有することができます。

12:20-13:50 学生プロポジション(出展登録・設営 10:30-12:00)
「学生プロポジション」は、大学院、大学、専門学校等で学ぶ学生達が日頃の研究成果を展示発表、交流することにより、幅広いデザインの知と技を共有する場です。ポスターと作品を用いた対話形式で行います。優秀者には賞が授与されます。

14:30-17:50 フィールドワーク「おいしい山形を探そう!」(会場:guraラウンジホールおよび山形市七日町周辺)
先着30名の事前登録による社会人と学生混成の6チームを結成します。チーム毎にテーマを決めてフィールドワークを行います。

14:15-15:45 討論会「新しい論文のかたち」(会場:東北芸術工科大学)
デザイン実務そのものも研究対象とするデザイン学は、他領域がこれまでに到達していない新しい学術的領域を切り拓くと同時に、そこで得られる実質的な成果・知見・経験の言語表現の新しいかたちを提案する可能性を有しています。その提案までには多くの試行錯誤を必要としますが、そのキックオフとして「新しい論文のかたち」と題した論文審査委員会による公開討論会を開催したいと考えています。自由な形での意見交換を予定しておりますので、ご興味のある方、ご意見をお持ちの方はどなたでも、この討論会に自由にご参加いただけます。

18:30-20:00 懇親会(会場:山形国際ホテル)

11月10日(日)
10:00-11:20 フィールドワークの成果発表
各グループが発見した「おいしい山形(その土地でしか出会えない魅力)」を映像と共に発表し、地域固有の価値について意見交換します。

11:30-12:30 閉会式

13:00- 研究部会研究会

■大会Webサイト

大会の詳細情報の確認、参加・発表申込などは、下記の大会Websiteからお願いします。
http://www.tuad.ac.jp/jssd19f/

■お問い合わせ先

・秋季企画大会・第1支部大会実行委員会 jssd2019f@gmail.com

それぞれの企画につきましては、下記にお問い合わせください。
・学生プロポジション事務局(担当:藤田寿人) prop.jssd2019f@gmail.com
・ライトニングトークおよびフィールドワーク(担当:柚木泰彦、酒井 総、長田純一) jssd2019f@gmail.com

■2019年度日本デザイン学会秋季企画大会・第1支部大会実行委員会

大会実行委員長:柚木泰彦
大会副実行委員長:酒井 総
実行委員:長田純一、藤田寿人(五十音順)

JSSD秋季企画大会_第1支部大会_案内_20191108-10.pdf

「第7回Xデザインフォーラム、協創の仕組みのデザイン」参加募集

第7回Xデザインフォーラムは新しいスタイルとして、新メンバーによる終日ワークショップの場を設計しました。見失いがちなイノベイティブな視点と勇気を取り戻すために、原点をじっくり学びほぐす一日です。
 サービスデザイン、組織デザインなど、ビジネスとデザインが一体化した今日において、共通する話題の1つが協働のしくみです。創造性に富んだ対話こそが美しい意思決定を支える土壌と言えるでしょう。
 今回、視覚による相互理解と共創を模索する三人の研究者が、現場で活用可能な「協働の原理」を見つけるための3つのワークショップを行います。参加者はいずれか1つに参加し、協働の場をデザインする知恵と手法を体感し、他の参加者と学びを共有することで、会議をデザインするための手がかりを掴んでみたいと思います。
 職場でのワークショップや、チームでの定例会議、社外の人たちとの協働、さらには、家族との家事の役割分担や友達との旅行まで、私たちは多様な人々と話し合い協働しながら生きています。人類は1人で生きられず、集団的に行動する生き物です。皆さんの中に動物的に備わった協働の本能を一緒に探していきましょう。
皆様の参加と発表をお待ちしています。

また、参加者のポスター/デモ発表も募集します。奮ってご参加ください。

■タイトル:「第7回Xデザインフォーラム 協創の仕組みのデザイン ~会議が変わる視覚的思考~」
■日時:2019年09月23日(祝月)11時~17時
■場所:(合)DMM.com本社(六本木)
■詳細および申込:http://ptix.at/EVOZHt

プログラム
■パート1:11:00-12:00(受付は10:30より)
□「合意形成を支える協働のしくみとは(仮)」
・「視覚的な対話」 富田 誠 (Makoto Tomita) (東海大学)
・「デザインする対象を変える」 安武 伸朗 (Nobuo Yasutake)(常葉大学)
・「参加型デザイン」 福田 大年 (Hirotoshi Fukuda)(札幌市立大学)

■パワーランチとポスター発表 12:00-13:10
DEAN&DELUCAの様々なブレッドバスケット+コーヒーをご用意。ポスター発表も含めて、参加者同士や講師とのディスカッションをお楽しみください。
・ポスター/デモ発表を募集します。

■パート2(第1部、第2部ともに、3つのセッションから1つを選んで参加します):13:20-16:20
□第1部 実験的会議(仮):90分
人々はどのように会話しどのように協力するのでしょうか。様々な制約を設けた会議を実践し、観察することで協働の原理を探ります。
(a)「目隠しで話す」(b)「話さないで書く」(c)「見ないで書く」

□第2部 協働をデザインするワークショップ:90分
(a) 専門の知と知をつなげるために~「視覚的対話のワークショップ」/富田誠
(b) 顧客理解を深めるために~「面的思考のワークショップ」/安武伸朗 
(c) 個人と組織の協調に~「図的対話のワークショップ」/福田大年

□第3部 会議を変えるデザイン手法の共有:16:30-17:00
参加者一人ひとりが「自分が設計する会議のしくみ」をA3シートに表現ください。
セッションごとに共有した後に投票を行い、全体で共有し、会議のデザインについて語り合いましょう。

2019年度 日本デザイン学会 第5支部発表会のプレ案内

下記のとおり、今年度の第5支部発表会を予定しております。
詳細につきましては、8月下旬を目途に、ご案内させていただく予定です。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

■日程
2019年11月23日(土・祝日)

■会場
西日本工業大学(福岡県北九州市)