日本デザイン学会では学術交流の活性化を促すため、学会員の著書をウェブサイトで紹介しています。

戦前日本の家具・インテリア――『近代家具装飾資料』でよみがえる帝都の生活<上巻>

著者名: 新井竜治
出版社: 柏書房
出版年: 2017年1月
ISBN: 4760147721

要旨(200字程度): 昭和戦前期に洪洋社から刊行された新作家具写真集『近代家具装飾資料』の全ての号を収録すると共に、各百貨店史料館所蔵資料・同時代の工芸雑誌収録写真も網羅して、編著者による解題・解説を付け加えて誌面を美しく完全再現したもの。上巻は解題、三越、高島屋の新作家具展を収録。収録写真1500点。

戦前日本の家具・インテリア――『近代家具装飾資料』でよみがえる帝都の生活<下巻>

著者名: 新井竜治
出版社: 柏書房
出版年: 2017年4月
ISBN: 476014773X

要旨: 昭和戦前期に洪洋社から刊行された新作家具写真集『近代家具装飾資料』の全ての号を収録すると共に、各百貨店史料館所蔵資料・同時代の工芸雑誌所収資料を網羅して、編著者による解説を付け加えて誌面を美しく完全再現したもの。下巻は、松坂屋、白木屋、松屋、東横、伊勢丹、東京高等工芸学校、東京営林局の新作家具展示会の記録、及びアントニイ・レイモンドの家具作品などを収録。収録写真1500点。下巻878頁(上巻820頁)。

西洋美術の歴史8 20世紀:越境する現代美術

著者名: 井口壽乃、田中正之、村上博哉
出版社: 中央公論新社
出版年: 2017年
ISBN: 978-4-12-403598-8

要旨: フォーヴィズムとキュビスムという美術革命で幕を開けた20世紀は、抽象芸術の登場でその変革を加速させた。新しい表現は伝統的な美術の有り様を突き崩し、美術とそうでないものとの境界線は意識的に解体されていく。日常や社会における美術の意味と加地が問い直されるなか、新たなメディアや手法、概念を用いた試みは更新され続けた。20世紀美術は何を表現しようと革新を繰り返したのか。今、ここへとつながる多様な展開に迫る。(本書より)

子どものデザイン その原理と実践 -日本における子どものためのデザイン教育の変遷から展望へ-

著者名: 大泉義一
出版社: 日本文教出版
出版年: 2017
ISBN: 9784536600958

要旨: 本書は,子ども(幼児,小・中学生)を対象にしたデザイン教育の理論と実践に関する論考を収めたものである。その「理論」とは,デザイン教育史,美術科教育学,教育実践学,文化人類学などを往還する学際的な論考であり,その「実践」とは,学校教育の内外を越境する学習プログラムを指している。
美術科教育学の研究において、デザイン教育を対象とした歴史研究は存在するが、デザイン教育の変遷の中からデザイン教育の目的に関する論点を取り出し、それによってデザイン教育の歴史的変化を整理し直し、さらに、デザイン教育の現状及び今後の方向性を提示することを目的とした点で、本書は今後の図画工作・美術教育の方向付けにとって大きな意義をもち、きわめて独創性のある内容となっている。

現在、掲載する著書を募集しています。情報をお寄せください。