日本デザイン学会では学術交流の活性化を促すため、学会員の著書をウェブサイトで紹介しています。

子どものデザイン その原理と実践 -日本における子どものためのデザイン教育の変遷から展望へ-

著者名: 大泉義一
出版社: 日本文教出版
出版年: 2017
ISBN: 9784536600958

要旨: 本書は,子ども(幼児,小・中学生)を対象にしたデザイン教育の理論と実践に関する論考を収めたものである。その「理論」とは,デザイン教育史,美術科教育学,教育実践学,文化人類学などを往還する学際的な論考であり,その「実践」とは,学校教育の内外を越境する学習プログラムを指している。
美術科教育学の研究において、デザイン教育を対象とした歴史研究は存在するが、デザイン教育の変遷の中からデザイン教育の目的に関する論点を取り出し、それによってデザイン教育の歴史的変化を整理し直し、さらに、デザイン教育の現状及び今後の方向性を提示することを目的とした点で、本書は今後の図画工作・美術教育の方向付けにとって大きな意義をもち、きわめて独創性のある内容となっている。

現在、掲載する著書を募集しています。情報をお寄せください。