「失われたクメール美術」国際文化交流 恒久的世界平和を目指して

「失われたクメール美術」国際文化交流―恒久的世界平和を目指してー開催場所:王立プノンペン大学 絆ホール新型コロナウィルスの影響で一部ZOOMによりシンポジウム、クメール美術ワークショップ、研究会、展示となりました。大勢の参加、皆様大変ありがとうございました。取り急ぎお礼とさせていただきます。   

アジアデザイン研究部会  代表 藤澤忠盛

横幹連合会誌「横幹」第14巻第2号発行のお知らせです。

横幹連合会誌「横幹」の最新号(2021年3月30日号)が、電子ジャーナルとして
J-STAGE、および、横幹連合ホームページにて公開されました。

・J-STAGE:
   https://www.jstage.jst.go.jp/browse/trafst/list/-char/ja
・横幹連合HP・会誌のページ:
   https://www.trafst.jp/oukan/


「横幹」第14巻第2号(2021年3月30日号)目次

巻頭言:A System of Systems  安岡善文

解説:
 第56回横幹技術フォーラム報告
 –オープンイノベーション活動『豊洲の港』から–  板倉宏昭
 パネル討論「人工知能と横幹知」  高橋大志ほか

トピック:
 「多価値相克状況における合意形成のための
  動的参照モデル調査研究会」の発足にあたって  遠藤 薫

トピック:会員学会におけるイベント報告
 第22回日本感性工学会大会ルポ  長沢伸也
 行動経済学会第13回全国大会  岩澤誠一郎


論文募集:日本設計工学会国際会議ICDES 2020(締切延長1月20日)

各位

日本設計工学会は、添付PDFとホームページ(http://www.jsde.or.jp/icdes2020/)
にありますとおり、2020年11月3日(火)~5日(木)に北九州国際会議場(福岡県北九州
市)で、国際会議ICDES 2020(The 5th International Conference on Design
Engineering and Science)を開催いたします(協賛:日本機械学会、精密工学会、
日本デザイン学会、日本ロボット学会)。
「設計」、“design”に関するテーマを広く受け付けており、論文投稿締切が2020年
1月20日まで延長されましたので、皆様の論文のご投稿をお待ちしております。
ICDES 2020の原稿フォーマットは、日本設計工学会の電子ジャーナル(J-STAGE、
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jjsde/)に近いものとなっており、ICDES
2020にご投稿いただいた論文をベースに、その後、電子ジャーナルへの英文投稿につ
なげる、ということもやりやすくなりました。
ご質問、ご不明の点などございましたら、ご遠慮なくicdes2020@jsde.or.jpまでお問
い合わせください。
よろしくお願いいたします。

村上 存
ICDES 2020 実行委員会 委員長
東京大学 大学院工学系研究科
機械工学専攻 教授
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
Tel: 03-5841-6327  Fax: 03-3818-0835
E-mail: murakami@mech.t.u-tokyo.ac.jp
URL: http://www.design.t.u-tokyo.ac.jp/

ICDES2020

デザイン関連学会シンポジウムの記録

本年5月20日に開催されました、
デザイン関連学会シンポジウムの記録が
まとまりましたので、PDFのかたちで
添付いたします。
http://sdafst.or.jp/PDF/Symposium2018_AIxDesign.pdf


約15MB

//////////////////////////////////////////////////
2018年度 デザイン関連学会シンポジウム

テーマ: 人工知能 x デザイン

 基調講演
  共創とデザイン~デザインで未来を明るくする~
  加藤 公敬 氏(日本デザイン振興会)

 報告・コメント
  機械の脳・人間の脳・環境の脳
  高安 啓介 氏 ( 意匠学会/大阪大学 )

  AI、デザイン史から
  小林 昭世 氏 ( 基礎デザイン学会 / 武蔵野美術大学 )

  道具文化の未来
  藤本 清春 氏 ( 道具学会 / GK デザイン機構 )

  人間と AI ,その創造性の「あいだ」
  松岡 由幸 氏 ( 日本デザイン学会 / 慶應義塾大学 )

 ディスカッション
  高安啓介氏 ( 意匠学会 )
  小林昭世氏 ( 基礎デザイン学会 )
  加藤公敬氏 ( 芸術工学会 )
  藤本清春氏 ( 道具学会 )
  松岡由幸氏 ( 日本デザイン学会 )  (学会名 50 音順)

  進行 井上 貢一 ( 芸術工学会 / 九州産業大学 )
//////////////////////////////////////////////////

横幹連合会誌「横幹」第11巻第2号発行のお知らせ

横幹連合会誌「横幹」の最新号(2017年10月15日号)が、電子ジャーナルとして、
J-STAGE、および、横幹連合ホームページにて公開されました。
(J-STAGE 「横幹」のページ
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/trafst/-char/ja/
横幹連合・会誌のページ
http://www.trafst.jp/journal/ )

横幹連合ニュースレター(2017年8月号(No.50))

横幹連合ニュースレター(2017年8月号(No.50))を
ホームページにて公開致しましたので,お知らせします.
http://www.trafst.jp/news.html

横幹連合ニュースレター編集室

Formakademisk研究特別集

ノルウェーのデザイン学研究ジャーナル「Formakademisk」特別集につきまして、

只今研究論文の投稿募集をしております。

日本のデザイン学者からの論文投稿を歓迎します。

詳細は、Call for manuscriptとホームページ: http://www.formakademisk.org/

をご参照ください.

日本心理学会からのお知らせ

公益社団法人日本心理学会からのお知らせについて下記のとおりご案内します。

 

このたび公益社団法人日本心理学会では,

心理学以外の学問分野を専門とする研究者の方々を対象として,

心理学が他の学問分野でどのように活かされているのか,

どのような貢献を求められているかを探ることを目的とした

調査を実施することになりました。

 

調査URL:

https://kgpsysci.au1.qualtrics.com/SE/?SID=SV_0NVZ3GP2zyQTw7X

(調査期間:2016年8月24日―9月30日)

 

そこで,貴学会の会員様に

広く調査回答の協力をお願いできればと考えております。

 

*具体的な調査内容は,以下URLからご確認いただくことができます。

https://kgpsysci.au1.qualtrics.com/jfe/preview/SV_0NVZ3GP2zyQTw7X

添付ファイル

調査回答のご協力をお願いいたします。

 

ご不明点等ございましたら,お問い合わせいただければと存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

公益社団法人日本心理学会 事務局 仮澤 亮

113-0033 東京都文京区本郷5-23-13田村ビル内

Tel: 03-3814-3953 Fax: 03-3814-3954

e-mail:jpa@psych.or.jp

URL:http://www.psych.or.jp/

┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛┛

横幹連合ニュースレター

 ■□■横幹連合ニュースレター 2014年2月号(No.36)■□■

http://www.trafst.jp/nl/036/index.html 編集:ニュースレター編集室

========================================

<<目次と 主な掲載内容 >>

1●巻頭メッセージ

◆ イノベーションと横幹技術

…… 長田洋 (東京工業大学名誉教授、横幹連合理事)

==>> 詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/036/index.html

2●活動紹介

【参加報告】  第5回横幹連合コンファレンス 参加報告

==>>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/036/report.html

3●参加学会の横顔

 横幹連合に参加している学会を紹介するコーナーです.

 ◆【横幹連合10周年企画】

「横幹技術フォーラム」掲載ページ

==>>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/036/profile.html

4●イベント紹介

横幹連合の主催・共催イベントの開催情報です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/036/event.html

【これから開催されるイベント】

 ◆「第5回横幹連合総合シンポジウム」

日時 : 2014年11月29日(土)〜30日(日)

会場 : 東京大学 本郷キャンパス

【これまでに開催したイベント】

これまでに開催したイベントの記録です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/036/event.html

——————————————————
特定非営利活動法人

横断型基幹科学技術研究団体連合(略称:横幹連合)

Transdisciplinary Federation of Science and Technology

事務局 池田 理香

〒113-0033 東京都文京区本郷1-35-28-303

      公益社団法人 計測自動制御学会 事務局内

tel&fax: 03-3814-4130 e-mail: ikeda@trafst.jp

ホームページ: http://www.trafst.jp/

——————————————————

日本学術会議ニュース No.410 2013/8/16

◇平成25年度共同主催国際会議「第3回アジア太平洋発達障害会議2013」の開催
◇平成25年度共同主催国際会議「第5回国際デザイン学会連合国際会議」の開催
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
■——————————————————————–
平成25年度共同主催国際会議「第3回アジア太平洋発達障害会議2013」の開催
——————————————————————–■

 会 期:平成25年8月21日(水)〜8月24日(土)[4日間]
 場 所:早稲田大学国際会議場・早稲田大学11号館(東京都新宿区)

 日本学術会議と日本発達障害学会が共同主催する「第3回アジア太平洋発
達障害会議2013」が、8月21日(水)より、早稲田大学で開催されます。
 当国際会議では、「多様性−個別の支援と地域支援との融合を目指して」
をメインテーマに、様々な発達障害への支援のあり方、障害者の差別と人権、
障害者の老化、QOLの向上、ダウン症候群、重症心身障害児・者の支援、
障害者の家族支援等を主要な題目として議論されることとなっており、特に
欧米先進国とアジア地域の発展途上国の研究者と専門職が一同に会して情報
交換することでこの領域の研究と実践のさらなる進歩が期待されます。また、
本会議には32ヵ国・地域から約460名の参加が見込まれています。
 また、一般市民を対象とした市民公開講座として、8月24日(土)に「発達
障害研究と新たな支援課題」が開催されることとなっております。関係者の
皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただけますようお願いいたし
ます。

第3回アジア太平洋発達障害会議2013 市民公開講座
【発達障害研究と新たな支援課題】
日 時:平成25年8月24日(土)14:00〜17:00
 会 場:早稲田大学国際会議場「井深大記念ホール」

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ
(https://iassid.org/conference/index.php/AP/AP3RDRC)

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel:03−3403−5731、Mail:i254@scj.go.jp)

■——————————————————————–
平成25年度共同主催国際会議「第5回国際デザイン学会連合国際会議」の開催
——————————————————————–■

 会 期:平成25年8月26日(月)〜8月30日(金)[5日間]
 場 所:芝浦工業大学豊洲キャンパス(東京都江東区)

 日本学術会議と日本デザイン学会、日本感性工学会が共同主催する「第5回
国際デザイン学会連合国際会議」が、8月26日(月)より、芝浦工業大学豊洲
キャンパスで開催されます。
 当国際会議では、「Consilience and Innovation in Design:知の統合と
革新」をメインテーマに、感性価値創造技術、サービスデザインの理論と実践、
デザインマネジメント、デザイン哲学、デザインの歴史と文化、生理学・心理
学・物理化学などの基礎科学とデザイン・感性工学の統合等を主要題目として
研究発表と討論が行われることになっており、その成果はデザイン学・感性工
学の発展に大きく資するものと期待されます。また、本会議には41ヵ国・地域
から約700名の参加が見込まれています。
 また、一般市民を対象とした市民公開講座として、8月28日(水)に「デザ
インから考える暮らしの『安心・安全』」が開催されることとなっております。
関係者の皆様に周知いただくとともに、是非、御参加いただけますようお願い
いたします。

第5回国際デザイン学会連合国際会議 市民公開講座
【デザインから考える暮らしの『安心・安全』】
日 時:平成25年8月28日(水)14:00〜16:30
 会 場:芝浦工業大学豊洲キャンパス交流棟6F「大講義室」

※内容等の詳細は以下のホームページをご参照ください。
○国際会議公式ホームページ(http://www.iasdr2013.jp/)

【問合せ先】日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当
(Tel:03−3403−5731、Mail:i254@scj.go.jp)

★——————————————————————☆
日本学術会議では、Twitterを用いて情報を発信しております。
         アカウントは、@scj_info です。
      日本学術会議広報のTwitterのページはこちらから
           http://twitter.com/scj_info
☆——————————————————————★
********************************************
       学術情報誌『学術の動向』最新号はこちらから
    http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/index.html
*********************************************

  発行:日本学術会議事務局 http://www.scj.go.jp/
     〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34