日本工学会CPD協議会 平成29年度第1回公開シンポジウム

日本工学会CPD協議会は、

平成29年度第1回公開シンポジウム「産業新時代を支える技術者像と人材育成」を開催します。

詳細は以下のURLをご参照ください。

http://www.jfes.or.jp/_cpd/topic/topic20170424_cpd-sympo20170607_pamphlet.pdf

 

日本工学会CPD協議会 平成28年度第2回公開シンポジウム

日本工学会CPD協議会は、

平成28年度第2回公開シンポジウム「ビジネス創造力強化のための技術者継続教育」

を以下の要領で開催します。

詳細添付プログラムをご参照ください】

 

 

〇日 時:平成28年11月30日(水)15:00~17:30

〇場 所:建築会館ホール(港区芝5-26-20)

www.aij.or.jp/jpn/guide/map.htm からサイトマップ参照ください

〇主 催:公益社団法人日本工学会 CPD協議会

〇参加料:無料、ただし資料代1,000円

(制作実費分担:日本工学会フェローは無料)

〇交流会参加費:3,000円

 

当日は、産官学各界のオピニオンリーダーをお招きしてご講演いただくとともに、

「技術者のビジネス創造力は如何にして育成されるか?」をテーマとして

パネル討論を行い、今後我が国の進むべき方向について議論を深めたいと思います。

 

お申し込みは、参加申込書をFAXしていただくか、

以下様式に記入のうえ、メールにて日本工学会事務局へご送付ください。

*************************************

第2回CPDシンポジウムに参加申し込みます。

① お名前(複数可)

② 所属学協会

③ 勤務先・連絡

④ 交流会参加有無    1.  参加    2.  不参加

**************************************

 

**************

公益社団法人 日本工学会

事務局 島田敏男

住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-2-2 森戸記念館3階

電話:03-6265-0672 FAX:03-6265-0673

メール:eng@jfes.or.jp

URL:http://www.jfes.or.jp/

**************

学術著作権協会からのお知らせ

学術著作権協会から2件のイベントのお知らせです

 

1.【図書館総合展 学術著作権協会フォーラム】

講演会:「英国の教育現場における著作物の利用とライセンス」

講師:Madeleine Pow-Jones (Policy and International Relations Manager, The Copyright Licensing Agency)

日 時:2016年11月10日(木) 13:00~14:30

会 場:パシフィコ横浜 図書館総合展フォーラム会場 アネックスホールF205号室

http://www.pacifico.co.jp/visitor/access/tabid/236/Default.aspx

定 員:200名

参加費:無料

申込み:参加申請フォームよりお申し込みください。

https://www.jaacc.jp/lecture/application.php?kouenkai_id=7

※当日は名刺をご持参ください。

※第18回図書館総合展(https://www.libraryfair.jp/ )開催期間中の11月8日(火)から11月10日(木)には、当協会ブースも出展いたします。ブースでは、当協会事業のご紹介の他、権利委託契約・利用許諾契約のご相談も承っております。

 

————————————-

2.【学術著作権協会シンポジウム】

基調講演:「デジタル時代における教育と著作権」

講師: Madeleine Pow-Jones (Policy and International Relations Manager, The Copyright Licensing Agency)

パネルディスカッション「日英における取組みおよび今後の展望」

ファシリテーター:野間 豊 ( 一般社団法人学術著作権協会 代表理事)

パネリスト:

Madeleine Pow-Jones (Policy and International Relations Manager, The Copyright Licensing Agency)

瀬尾 太一 (公益社団法人日本複製権センター副理事長)

竹内 比呂也 (千葉大学 副学長・附属図書館長)

日 時:2016年11月11日(金)10:30~12:30

会 場:国際文化会館 岩崎小彌太記念ホール

http://www.i-house.or.jp/access.html

定 員:180名

参加費:無料

申込み:参加申請フォームよりお申し込みください。

https://www.jaacc.jp/lecture/application.php?kouenkai_id=8

※当日は名刺をご持参ください。

————————————-

 

【フォーラム/シンポジウムお知らせ】

https://www.jaacc.jp/info/lecture/2016093000.php

 

【フォーラム/シンポジウムお問い合わせ先】

一般社団法人 学術著作権協会

〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビル

Email:seminar@jaacc.jp

 

「日本工学会技術倫理協議会第12回公開シンポジウム」のご案内

「日本工学会技術倫理協議会第12回公開シンポジウム」のご案内

日本工学会 技術倫理協議会

議長  日高 邦彦

 

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年も,下記要領で技術倫理協議会公開シンポジウムを開催することとなりました。

今年度で12回目となります技術倫理に関する標記公開シンポジウムでは、

「技術倫理の最前線Ⅱ」?科学技術と社会をどう結びつけるか?

をメインテーマとして、次世代の革新的新技術や社会インフラ技術などを事例として、

科学技術が社会に受け入れられるために、科学技術者自身および学協会、教育組織、

企業等が果たすべき役割と検討すべき課題などについて議論します。

つきましては、貴学協会の役員の皆様や会員の皆様には是非ともご参加賜りたく

ご案内申し上げます。

 

なお、開催案内・申込み書等については、日本工学会HP(下記URL)に掲載しております。

http://www.jfes.or.jp/_cee/symposium/next.html

 

 

開催要領

1.日本工学会 技術倫理協議会第12回公開シンポジウム

2.メインテーマ:「技術倫理の最前線Ⅱ」?科学技術と社会をどう結びつけるか?

3.日 時:平成28年11月22日(火)13:00~17:20  (12:30より受付開始 )

4.会 場:東京理科大学森戸記念館第1フォーラム(地下1階)

〒162-0825 東京と新宿区神楽坂4-2-2

JR飯田橋/地下鉄駅(有楽町線・南北線・東西線)飯田橋駅・神楽坂駅(添付アクセス図を参照下さい)

5.主 催:公益社団法人日本工学会 技術倫理協議会

6.参加費等:参加費無料、シンポジウム資料代:1,000円

交流会(希望者のみ,事前予約制):3,000円

7.プログラム

議長挨拶 (13:00~13:05) 日高 邦彦 議長

(1)講演1(13:05~13:40) 「AIと社会の関係について」

村上 祐子 氏(東北大学大学院文学研究科准教授)

(2)講演2(10:40~14:15)「自動運転、安全システムについて」

永井 正夫 氏(一般社団法人日本自動車研究所代表理事、所長(東京農工大学 名誉教授)

(3)講演3(14:15~14:50)「3.11と土木技術者の倫理」

皆川  勝 氏(東京都市大学工学部都市工学科 教授)

(4)講演4(14:50~15:25)「技術倫理の実践」

橋本 義平 氏(技術士(情報工学))

(5)講演5(15:25~16:00)「社会的合意形成?:~リスクコミュニケーションのあり方~」

小林 傅司 氏(大阪大学 理事・副学長)

札野 順氏(東京工業大学教授,技術倫理協議会幹事)

(休憩   16:00~16:10)

(6)パネルディスカッション(16:10~17:20)

テーマ:「科学技術と社会をどう結びつけるか」

パネラー:各講師

司会者 :札野 順 氏(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 教授)

(7)意見交換・交流会  17:40~19:00(予定)

————————————-

◆本件に関する問合せ先

日本工学会 技術倫理協議会 幹事   石橋 邦夫

E-mail:kunio.ishibashi.yn@hitachi.com

or

日本工学会 事務局   E-mail: eng@jfes.or.jp

************************************

公益社団法人 日本工学会

事務局

〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4-2-2

東京理科大学森戸記念館

TEL:03-6265-0672 FAX:03-6265-0672

E-Mail:eng@jfes.or.jp

*************************************

2017冬季アジア札幌大会支援企画 ANBD特別コラボポスター展 作品募集

2017年に開催される冬季アジア札幌大会は、
多くの市民が応援やボランティア活動への参加など
冬季スポーツ大会を「支える」ことを通じて、
国際交流や地域交流を図ることも目的の一つとして開催されます。

今回、アジア各国・地域から来られる方々が
冬のスポーツをテーマとしたグラフィックスを鑑賞して楽しむ
というカルチャーミックスという方法で、異なった文化を尊重しあい、交流し、
「スポーツとアートによるまちづくり」を行動体験していただく機会の創出を目的に
冬季アジア札幌大会を”Flame in Winter”「冬の炎」に喩えたポスター形式の作品の
募集を行います。 

• 期限 エントリー締め切り 2016年9月20日(火)
    作品投稿締切 2016年9月30日(金)23:55

• 会期 2017年2月8日(水) – 12日(日)
   オープニング2月8日(水)午後
• 会場 札幌市民ギャラリー

• 後援 北海道、札幌市、 札幌市教育委員会、札幌市立大学、
 公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会、
  日本基礎造形学会、日本サインデザイン協会北海道地区

• 主催 アジアネットワークビヨンドデザイン協会(ANBD)特別コラボポスター展実行委員会

• 詳細 WebSite【http://anbdsapporo.info

「インタラクティブ発表」投稿締め切りを延長

インタラクション2015会議 (http://www.interaction-ipsj.org/) の
「インタラクティブ発表」について,投稿締め切りを1週間延長しましたのでご案内いたします.

・インタラクティブ発表
– 投稿〆切日:2014/12/19(日本時間17:00)

皆様,奮ってご投稿ください.

※注
今回は,一般講演で不採録だった場合に,そのままインタラクティブ発表へ
スライド採録となりませんので,ご注意ください.

インタラクション2015発表募集

2015年 3月5日(木) 〜 7日(土)
日本科学未来館

http://www.interaction-ipsj.org/

皆様,奮ってご投稿いただきますようお願い申し上げます.

●発表・投稿形式
インタラクション2015では,インタラクションに関する,他で未発表の研究成果を広く募集します.国内外のジャーナルおよび国内査読付学会にて発表された,あるいは投稿中のものは既発表と見なしますが,既発表論文との差分が明確に認められるものについては投稿を歓迎します.
国際査読付学会にて発表された,あるいは投稿中のものは,インタラクション側では既発表とは見なしません(当該国際会議が二重投稿とみなさないことまでを請け合うものではありません).

※注
今回は,一般講演で不採録だった場合に,そのままインタラクティブ発表へ
スライド採録となりませんので,ご注意ください.

詳細・最新情報は公式サイト (http://www.interaction-ipsj.org/) をご参照ください.

●組織委員会
大会委員長 市村 哲 (東京工科大)
大会副委員長 倉本到 (京都工繊大)
プログラム委員長 木村 朝子 (立命館大)
プログラム副委員長 塚田 浩二 (はこだて未来大)
———————————————————————-

安全工学シンポジウム2015

安全工学シンポジウム2015

主 催 日本学術会議 総合工学委員会
共 催 土木学会他32学協会(予定)
会 期 2015年7月2日(木)〜3日(金)
会 場 日本学術会議(東京都港区六本木7-22-34)
〔交通〕東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5出口
発表申込締切 2015年3月13日(金)
予稿原稿締切 2015年5月22日(金)
参加登録 なし。当日直接会場にお越し下さい。
発表形式 口頭発表(1題20分(講演15分,討論5分))のみ。
日本学術会議主催「安全工学シンポジウム2015」は,安全工学に関する各分野における問題点提起,優れた研究成果の講演と技術交流により,安全工学および関連分野の発展に寄与することを目的とし,特別講演をはじめオーガナイズドセッション,パネルディスカッション,一般講演等の開催が予定されております。皆様の多数のご参加をお待ちしております。
発表申込方法  講演希望者は,安全工学シンポジウム2015ホームページよりお申し込み下さい。
予稿原稿 審査の結果,採択された講演については,A4判2頁または4頁の原稿をPDF形式で提出していただきます。
参加登録費 無料。講演予稿集は希望者に配布します(予価1部5,000円。但し,学生は1部2,000円)
注意事項 会場内における参加者個人での録音,撮影は禁止いたします。
申込先・問合先
安全工学シンポジウム2015(幹事学会)
公益社団法人 土木学会〒160-0004 東京都新宿区四谷1丁目外濠公園内
E-mail anzen2015@jsce.or.jp
TEL 03-3355-3559 FAX 03-5379-0125
 http://www.anzen.org/index.html

「第5回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2014 in 福島&東京」

「第5回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2014 in 福島&東京」の
参加登録受付を、国際会議公式サイトで開始いたしました。

下記URLにアクセスして詳細をご確認いただきますようお願いいたします。
http://www.ud-2014.net/registration/index.html

早期登録締切 2014年7月31日 (木)(日本時間15:00)まで
事前登録締切 2014年10月10日(金)(日本時間15:00)まで

早期登録、事前登録は、参加登録費用がお得な割引価格となっております
ので、お早めにご登録ください。また、関係各所へも、ご案内いただきます
よう宜しくお願いいたします。

なお、11月9日(日)−10日(月)、プレカンファレンスが福島にて開催されます。
詳細につきましては、追ってご案内させていただきます。

※なお、論文投稿者の皆様は、別途ご案内いたしました論文投稿Myページより参加のご登録をお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、下記事務局までお問いあわせください。

***************************************************
『第5回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2014 in 福島&東京』 事務局
e-mail : info@ud-2014.net
http://www.ud-2014.net/
Tel : 045-901-8420
Fax : 045-901-8417
〒225-0003 横浜市青葉区新石川2-13-18-110
一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会内
***************************************************

「第5回横幹連合総合シンポジウム」開催案内

下記のとおり「第5回横幹連合総合シンポジウム」を開催いたします。

横幹連合シンポジウムでは、通常、オーガナイズドセッションのみで構成しておりますが、

今年度は一般公募による発表も募集いたします。

<第5回横幹連合総合シンポジウム>

日時:11月29日(土)〜30日(日)

会場:東京大学 本郷キャンパス

テーマ:「日本発:モノ・コト・文化の新結合」

一般公募による発表の募集をいたします。

詳しくは、下記HPをご覧下さい。

http://www.trafst.jp/sympo2014/index_sympo2014.html

——————————————————

特定非営利活動法人

横断型基幹科学技術研究団体連合(略称:横幹連合)

Transdisciplinary Federation of Science and Technology

第7 回Voice of Design トークサロンシリーズ

第7 回Voice of Design トークサロンシリーズ:「今」の共有
今日を楽しむ 美しいモノを創る
イヤなモノはイヤ 自由が基本!
̶̶デザインに市民参加
イヤなモノは家の中に入れない 評論家・作家
犬養智子さんと2 時間

■日時
2014 年3 月20 日(木) 17:30 受付
18:00 開会
■会場
日仏会館 5 階 会議室501
http://www.mfj.gr.jp/acces/index_ja.php
■会費
日本デザイン機構会員2000 円
一般2500 円
学生1000 円
■申込
FAX またはE メールで。「住所•氏名•会社(学校)名•電話番号」を明記し
日本デザイン機構事務局までお申し込みください。
当会ウェブサイトでもお受けしています。(先着50 名まで)
Fax.03‒5958‒2156
URL http://www.voice-of-design.com
■主催
日本デザイン機構
■問合せ
日本デザイン機構事務局
〒171-0033 東京都豊島区高田3-30-14 山愛ビル2F
Tel.03‒5958‒2155
E-mail info@voice–of–design.com