IDAスタンダード委員会セミナー部会からセミナーのご案内

第93回勉強会【リビングラボを活用した高齢者の生活における課題解決の手法】

◆日時:11月22日(金曜日)16:00~19:00

◆場所: AXIS GALLERY

◆講師:・特別養護老人ホームクロスハート幸・川崎 統括施設長 菊池健志さん

    ・国立研究開発法人産業技術総合研究所, 情報・人間工学領域, 主任研究員、Safe Kids Japan理事 

北村光司さん

    ・東京工業大学 工学院 機械系 エンジニアリングデザインコース教授、Safe Kids Japan理事 

西田佳史さん

    ・JIDA キッズデザイン部会長 久永文さん

◆参加費:JIDA会員 2,000円/一般 3,000円/一般学生500円/学生会員 無料 

(税込み)参加者(先着100名)に3つの小冊子「ABC理論で考える問題解決の方法」「かえたいこと」を

発見するために」「リビングラボが目指すもの」を配布

◆定員:100名

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆概要:経済産業省は、日本が世界に様々なソリューションを提供する「課題“解決”先進国」となるために、

学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」(学びの場)創出事業))を推進しています。産業技術総合研

究所(産総研)は、「未来の教室」構想の一分野として高齢者の生活環境と介護分野に視点を当て、観察と

事例収集、分析と研究を行なっています。その研究成果として、高齢者の生活における課題解決のための手

法を紹介する以下の3つの教材「リビングラボが目指すもの」「「変えたいこと」を発見するために」「A

BC理論で考える問題解決の方法」をJIDA(公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会)と開発致

しました。これらを導き出した背景や課題を皆様と共有することで、私たちは、何をどうするのかを、もう一

度考えてみましょう。実際に、リビングラボの取り組みの中で現場の職員と企業が問題を整理し、1つの解決

方法を見出しました。これらの実践事例を紹介します。

1.     キッズデザイン部会の活動コンセプトとこれまでの活動の経緯

2.     高齢者施設でのリビングラボ

3.     行動ライブラリについて

4.     ABC理論

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加希望の方は下記URLよりご参照の上、お申込み下さい。

https://www.jida.or.jp/site/information/benkyokai92

参加申し込み後に欠席となる場合は、事前に事務局までご連絡ください。

公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会

  Japan Industrial Designers’ Association/JIDA

  〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F

  Phone: 03-3587-6391 Facsimile: 03-3587-6393

  E-mail: jidasec@jida.or.jp

  URL: https://www.jida.or.jp/

農業デザイン研究部会 延期のお知らせ(10/13 研究会)

「農業デザイン研究部会」の第一回研究会(上田市/サントミューゼ)を10月13日に予定しておりましたが、台風の接近により、延期になりました。日程については調整後に改めてお知らせ致します。

2019年度 日本デザイン学会 第5支部発表会 発表申し込み締め切りの延長(10/11金まで)

第5支部発表会の発表申し込みの締め切りを 10月11日(金) まで延長しました。
併せて、発表原稿投稿締め切り(以降、発表概要の編集不可)を 11月8日(金) まで延長しました。

この後の延長は予定しておりませんので、発表予定の方は、必ず期限までにお申し込みをお願いいた
します。
詳細は、下記URLよりご確認ください。

1) 開催案内
http://design.kyusan-u.ac.jp/jssd5th/index.php/2019%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%AC%AC5%E6%94%AF%E9%83%A8%E7%99%BA%E8%A1%A8%E4%BC%9A

2) 利用者ガイド
http://design.kyusan-u.ac.jp/jssd5th/index.php/%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89

多くの皆様のご発表、ご参加を心よりお待ちしております。

人材募集:教員公募:筑波大学芸術系

筑波大学芸術系では、下記により専任教員を公募いたします。

1 職名:准教授(テニュア・トラック制による)
2 人員:1名
3 専門分野:構成
4 担当予定授業科目:芸術専門学群:実験造形演習、構成領域研究I、他
人間総合科学研究科博士前期課程芸術専攻:平面・立体構成演習、構成領域特別演
習、他
人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻:デザイン学特別演習IA他
5 採用予定日  令和2年3月1日
6 任期  5年間のテニュア・トラック制
この間に審査を受けることによりテニュアを獲得できます。
7 応募資格 (1)博士の学位を有する者(取得見込を含む)
(2)国際的な視野をもって活躍し、英語での授業に対応できる者
(3)当該分野における顕著な研究業績を有する者
(4)国籍は問わない。ただし日本語を運用できることが望ましい
8 応募締切日  令和元年10月18日(金)(必着)
※ 応募の詳細は、本学ホームページをご参照ください
https://www.tsukuba.ac.jp/update/jobs/#faculty

Vacancy Announcement: Faculty of Art and Design University of Tsukuba

The Faculty of Art and Design is pleased to announce recruitment for an
associate professor as follows.

  1. Position title: Tenure-track Associate Professor
  2. Number of position: One
  3. Research field: Art and Design Science
  4. Content of work:
    Research work in the field of Art and Design Science.
    Teaching the theory of Art and Design Science and practice in Art and Design
    Science works, at the School of Art and Design, the Master’s and Doctoral
    Program in Art and Design, etc.
  5. Start of employment: March 1, 2020
  6. Term of employment: Five years, tenure track
  7. Qualifications:
    1) Doctoral Degree or Ph.D., or the candidate scheduled to acquire it by the
    start of
    employment
    2) Ability to develop international research and proficiency in teaching and
    communication in English
    3) Outstanding achievement in the field of Art and Design Science researches
    and art or/and design works
    4) Any nationalities are acceptable. But preferably, persons with Japanese
    proficiency.
  8. Closing date: Applications must arrive no later than October 18, 2019

案内:令和元年度「日本デザイン学会奨励賞第3支部」募集

日本デザイン学会第3支部会員各位

 日本デザイン学会第3支部
支部長 黄ロビン
学生賞担当幹事 須藤正時
西田智裕

 「日本デザイン学会奨励賞第3支部」に関するお知らせ

日本デザイン学会第3支部では、支部会員のデザイン活動や研究活動の発表の場として、研究発表会、懇親会を開催し、会員間の交流を促進して参りました。これまでの研究発表会においても、学生・大学院生によって将来性を感じさせる優秀な作品や研究成果が発表され、学生間の刺激や交流が図られてきたと考えています。

日本デザイン学会第3支部幹事会の学生表彰制度につきましては、各所属機関(大学、大学院、短期大学)において優秀な研究・制作活動を行った学生・大学院生を対象とした「奨励賞」と、第3支部研究発表会においての優秀な研究発表・ポスター発表を対象とした「優秀発表賞」の2制度を設け、平成25年度よりスタートさせています。

今回のお知らせは、各所属機関においての優秀な研究、制作活動を対象とした奨励賞表彰対象者の選考と推薦に関するお願いとなります。お手数をおかけしますが、本趣旨をご理解いただき、以下の選考方法、日程等をご確認いただき、表彰対象者をご推薦下さい。

詳細は、こちらから第3支部サイト内の案内をご覧ください。

人材募集:石川県研究職員(工業デザイン/勤務先:石川県工業試験場)の募集

人材募集:石川県研究職員(工業デザイン/勤務先:石川県工業試験場)の募集

1.職種 研究職員(工業デザイン)
2.採用人員 1名
3.応募資格
  大学にて「工業デザイン」(類似する科目を含む)を履修し、次のいずれかに該当する者
  ・大学院修士課程以上を修了した者又は 令和 2 年 3 月 31 日までに修了見込みの者
  ・または、大学卒業後 工業デザインに関する 職務経験年数が 3 年以上ある者
  ・昭和 6 2 年 4 月 2 日以降に生まれた者
4.募集受付期間 令和元年9月19日(木)から10月18日(金)消印有効
5.採用予定日 令和2年4月1日

【募集】石川県職員(勤務先:石川県工業試験場)の募集について
このたび、石川県では、石川県工業試験場デザイン開発室にて、技術支援を行うため
工業デザインに関する研究開発業務その他に従事する職員を募集いたします。

詳細は、下記のHPをご参照ください。

http://www.irii.jp/boshu/boshutop.html

人材募集:教員公募:大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科

教員公募:大阪工業大学 ロボティクス&デザイン工学部 空間デザイン学科

  1. 募集職位 特任教授
  2. 募集人数 1名
  3. 専門分野 プロダクトデザイン
  4. 担当予定科目 「プロダクトデザイン基礎演習」「ものづくりデザイン思考実践演習」「プロダクトデザイン演習」「デザイン論」「プロダクトデザイン特論」等
  5. 応募資格
    (1)大学院修士課程修了以上の方、またはそれと同等以上の能力を有する方。
    (2)デザイン全般に対する深い関心と理解があり、プロダクトデザインや情報デザイ ンに関して実務経験を有し、理論および演習、大学院の指導ができる方。
    (3)上記の科目が担当できる方。
  6. 応募期間 2019年 10 月 18 日(金)必着

詳細は以下のアドレスをご参照ください。
http://www.oit.ac.jp/japanese/saiyo/top_main.html

2019年度秋季企画大会・第1支部大会:大会幹事校サイトの公開

2019年度日本デザイン学会秋季企画大会および2019年度日本デザイン学会第1支部大会の大会幹事校サイトが公開されましたので、ご確認ください。
大会参加登録および学生プロポジション出展申込フォームよりお申し込みください。

幹事校サイトはこちらです。https://www.tuad.ac.jp/jssd19f/

選挙区をご確認ください。

選挙区をご確認ください。

 本年度は代議員選挙が行われます。
 ご自身の選挙区をご確認ください。

 選挙地区は、封筒の宛名シールに記載している会員番号でご確認頂けます。
 ひらがなの次の番号(○-2-XXXXXX)が、所属地区(選挙区)となります。

 1:北海道・東北、2:関東・山梨、3:東海・中部、4:近畿・中国・四国、5:九州・沖縄、となっております。

 原則では、ご自宅の所在地が所属地区になっておりますが、ご希望される場合は、勤務先の所在地に所属地区(選挙区)を変更することが可能です。
 変更を希望される方は、「9月末日」までに、FAX.(03-3301-9319)またはメールにて、本部事務局までお申出下さい。

 ご不明な点につきましては、本部事務局にお問い合せください。

 選挙管理委員会

ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ:「ローカル」とクリエイティブ、参加募集

地域、日本、世界をクリエイティブにデザインする「ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ」というコミュニティを2018年9月に発足して活動を開始しています。
今回は、「ローカル」にフォーカスを当てて、地域、日本、世界をクリエイティブにデザインするためにどのような活動が行われているのか、どのような切り口で考えていくことが可能なのか、をご参加者の皆さまと考えていくイベントを企画いたしました。どなたでも参加可能です、みなさまのご参加をお待ちしています。


■日時:9月27日(金)18:30-21:30 (18:00開場)
■一般参加費:2000円、学生は無料ですが事前申し込みが必ず必要です。
■会場:武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス7階(市ヶ谷駅より徒歩3分)
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-4
■主催:ソーシャルクリエイティブ・イニシアチブ、武蔵野美術大学
■詳細および申込:http://ptix.at/eNhpzj

■プログラム

1)話題提供(18:30-19:45)
「北斎の町 小布施でクリエイターハブを作るには – 小布施から考える「ローカル」」塩澤 耕平氏(ハウスホクサイ 管理人)
「トランスローカルマガジン「MOMENT」から考える「ローカル」(仮)」白井瞭氏(リパブリック MOMENT編集長)
「日本のデザイン政策と「ローカル」」菊地拓哉氏(経済産業省 デザイン政策室 室長補佐)
2)Q&A/ディスカッション(19:45-20:00)
「ローカル」にクリエイティブのできることとは
3)ライトニングトーク / ポスター発表(20:00-20:20)
小山田那由他氏 / コンセント PUB.LAB.
Judah Armani / Research fellow at Central St Martins
Matias Delfino / Lead Brand Designer at The United Nations Children’s Fund (UNICEF), New York (ポスター発表)
4)交流会(20:20-21:30)

■プレゼンタープロフィール / メッセージ

塩澤 耕平氏(ハウスホクサイ 管理人)
NTTデータの医療部門を経て、東北やシンガポールで在宅診療所の新規事業などを担当。2017年、29歳で独立して、長野の小布施町でコワーキングスペース「ハウスホクサイ」を運営。カフェ準備中。29歳で独立して、人が集まる「場」を地域で作りたくなりました。小布施は江戸時代からその土壌があります。葛飾北斎が4度も訪れ、サロンに参加して作品を残していった場所でもあります。 私も、コワーキングスペースの運営やカフェを通して、クリエイティブな「場」を作ることに取り組んでいきたいと思っています。手探りの中ですので、皆様と一緒に考える時間にできればうれしいです。