IASDR 2017について 【Full paper〆切 2/18】

日本デザイン学会もメンバーとなっておりますIASDR(The International Association of Societies of Design Research)の国際会議が2017年10月31日~11月3日の4日間、University of Cincinnati, USAで開催されます。
ご発表をご計画されている会員の皆様は、Full paper投稿の締切が来年の2/18(土)となっておりますので、お忘れなきようご注意ください。

 

IASDR 2017

“re:research”

Period:31st Oct – 3rd Nov
Venue:University of Cincinnati, USA
URL of IASDR 2017 official site

Important Dates:
Submissions are due February 18, 2017
Acceptance of Proposals will be Announced by April 30, 2017
Final edited papers/posters due by August 30, 2017

国際会議 AFGS 2017 (Asian Forum on Graphic Science) のお知らせ

日本図学会は 2017 年に創立 50 周年を迎えます.
そこで 50 周年記念事業の一環として,
国際会議 AFGS 2017 ( Asian Forum on Graphic Science 2017 )及び
コンテスト ADMC2017 ( Asian Digital Modeling Contest 2017 )を
下記のように開催いたします.
多くの方々の発表ならびに参加をお待ちしております.

事業名 国際会議 AFGS 2017 (Asian Forum on Graphic Science)
開催日程 2017 年 8 月 6 日 〜 10 日
開催場所 東京大学駒場 I キャンパス 21 KOMCEE
講演発表梗概〆切 2017 年 1 月 31 日
講演発表採択通知 2017 年 3 月 20 日
ポスター発表梗概〆切 2017 年 4 月 15 日
ポスター発表採択通知 2017 年 5 月 15 日
早期参加登録〆切 2017 年 6 月 15 日
ポスター
ウェブページ URL http://afgs2017.graphicscience.jp/index.html
招待講演者(アルファベット順)
Erik Demaine (USA), Yasushi Ikeda (Japan), Eri Matsui (Japan),
Henry Segerman (USA), Yongtian Wang (China)

事業名 コンテスト ADMC 2017 (Asian Digital Modeling Contest)
最終コンテスト上記 AFGS 2017 と同時開催
作品応募〆切 2017 年 2 月 28 日
優秀作品採択通知 2017 年 4 月 30 日
ポスター
ウェブページ URL http://admc2017.graphicscience.jp/

以上

本件連絡先
日本図学会 事務局 福田ひかり
〒 153-8902 東京都目黒区駒場3−8−1
東京大学 情報図形科学気付
Tel: 03-5454-4334, Fax: 03-5454-6990
Email: jsgs-office@graphicscience.jp

第4回 設計工学・科学に関する国際会議(ICDES2017)のおしらせ

日本設計工学会は、第4 回設計工学・科学に関する国際会議

4th ICDES2017(International Conference on Design Engineering and Science)を、

2017年9月17日~9月19日、ドイツ・アーヘン市にて以下のように開催する予定です。

参加登録などの詳細は、以下のウェブサイトでご確認ください。

http://www.jsde.or.jp/icdes2017/

 

主催 :              公益社団法人 日本設計工学会

国際会議名:       ICDES2017 (The 4th International Conference on Design Engineering and Science)

開催日程:           2017年9月17日~9月19日

開催地:              ドイツ、アーヘン市、RWTH Aachen University

関連ウェブサイト:           http://www.jsde.or.jp/icdes2017/

 

原稿提出:           2016年12月15日(2頁から6頁のフルペーパー提出によって発表申込に代える)

受理通知:           2017年2月末日

最終原稿提出:    2017年4月末日(カメラレディ状態)

会議プログラム公表:       2017年6月末日

早期会議登録期限:           2017年6月末日(割引適用期限)

 

お問合せ先:

169-0073 東京都新宿区百人町2-22-17 (公社)日本設計工学会 事務局

TEL:03-5348-6301 FAX:03-5348-6280 jimukyoku@jsde.or.jp

第2回アジア・デザイン史デザイン論会議The 2nd Asian Conference of Design History and Theory 参加申し込み受付中

 

2017年9月1日から2日、東京で開催される第2回アジア・デザイン史デザイン論会議の参加申し込み受付が開始されました。テーマは、Design Education beyond Boundaries です。研究発表を申し込まれる方は、以下のWEBサイトから400-word English Abstractを添えて、office2017@acdht.com へお申し込み下さい。

 

Abstract申し込み〆切:2017年1月31日

WEBサイト:http://www.acdht.com

問い合わせ:ACDHT事務局 office2017@acdht.com

国際会議IFSA-SCIS2017 Special Session提案締切延長(11月12日)

来年6月27日から30日に大津で開催されます国際会議IFSA-SCIS2017のSpecial Session Proposalの締切が11月12日まで延長されました.

http://ifsa-scis2017.j-soft.org

ぜひこの機会のご自身の研究分野のアピールに,そして,新たなネットワーク作りに,Special Sessionを利用していただければと思っております.ご検討いただけましたら幸いです.

 

また,現在3つのジャーナルで,特集号を企画中です.

Fuzzy Sets and Systems (Elsevier)

International Journal of Approximate Reasoning (Elsevier)

Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (Fuji Technology Press)

 

よろしくお願い申し上げます.

 

Special Sessions: http://ifsa-scis2017.j-soft.org/special_session.html

Special Issues: http://ifsa-scis2017.j-soft.org/special_issue.html

 

ご質問等は ifsa.scis2017+ask@gmail.com にお願い致します

第6回国際ユニヴァーサルデザイン会議2016 in 名古屋(UD2016)のお知らせ

一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会(IAUD) 主催の

「第6回国際ユニヴァーサルデザイン会議2016 in 名古屋」(UD2016)

(2016年12月9日(金)~11日(日) 於 名古屋国際会議場)では、開催期間中、

より多くの方々にUDを理解していただけるよう、どなたでも無料でご入場いただける展示会を開催いたします。

 

現在、ご出展を希望される官省庁様、企業様、団体様を募集しております。

関係各所へご案内いただけますと幸いです。

 

下記URLもご参照ください。

【出展募集開始のお知らせ】http://www.iaud.net/news-f/archives/1609/12-185741.php

【UD2016公式ページ】https://www.ud2016.net/

 

募集に関する詳細につきましては、IAUD事務局までお問い合わせください。

皆様のご参加・ご出展をお待ちしております。

************************************************

『第6回国際ユニヴァーサルデザイン会議 2016 in 名古屋 』 事務局

e-mail: info@ud2016.net

http://www.ud2016.net/

Tel: 045-901-8420

Fax: 045-901-8417

〒225-0003 横浜市青葉区新石川2-13-18-110

一般財団法人国際ユニヴァーサルデザイン協議会内

************************************************

案内:IASDR2015の日程

IASDR2015 の日程が発表されました.

論文投稿期限は2015年4月6日
ポスター発表のポスター投稿期限が2015年5月4日
ワークショップとエキジビションの登録期限が2015年6月30日
ドクトラル・コロキウムの登録期限が2015年7月31日

大会は2015年11月2~5日 です.

皆様の参加をお待ちしています.

添付ファイル(案内:PDF:2MB)

IASDR2013報告

IASDR2013: 国際デザイン学会連合国際会議は
日本学術会議,日本感性工学会との共同主催で
2013年8月26日〜8月30日の期間,芝浦工業大学豊洲キャンパスで開催され、
成功のうちに終了しました.

結果報告については下記のサイトに掲載されております。

IASDR2013

【〆切迫る】IASDR2013 TOKYO 概要登録!!!

日本デザイン学会 会員各位殿

2013年,日本デザイン学会の大きな事業の一つである,国際会議 IASDR2013 の概要登録〆切が迫っています.

最初に登録して頂く概要は審査されませんので,まずは,以下の大会HP から登録をお願いいたします.
大会HP http://www.iasdr2013.jp/

会期は,2013年8月26日〜30日
場所は,芝浦工業大学豊洲キャンパス

この大会への参加は以下の2段階になっています.
 1) 1月末までに参加登録(400words以内の概要を添付,この概要は審査されません)
 2) 3月15日までに full paper の登録(full paper は,2名以上の査読者によって審査されます)
参加登録ページ
 https://www.gakkai-web.net/php-bin/gakkai/knt/iasdr/new2.php
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
一般の口頭発表及びポスターセッション(Regular Session)
 http://www.iasdr2013.jp/regularsession.html
特定テーマを設定したオーガナイザーによる運営セッション(Invited Session)
 http://www.iasdr2013.jp/invitedsession.html
のカテゴリーで概要登録を受け付けています.

この概要は審査されず,この大会の論文審査は3月15日〆切の論文投稿のみによって行われます.
まずは,会員の皆様のご研究を登録していただきたく,お願いいたします.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

皆さん,ふるってご参加いただきますよう,宜しくお願いいたします.

IASDR2013 組織委員会委員長 杉山和雄
IASDR2013    副組織院長 椎塚久雄(日本感性工学会会長)
IASDR2013    副組織院長 山中敏正(日本デザイン学会会長)

IASDR2013 TOKYO 発表・概要登録の〆切延長(1月31日)

日本デザイン学会 会員各位殿

日本デザイン学会が中心となって運営する国際会議 IASDR2013 の,発表・概要登録の〆切が延長になりました.
本大会では,通常の口頭発表・ポスター発表(Regular Session)に加えて,テーマを掲げたセッション:Invited Session も実施します.共に,一般から応募でき,審査を経た後に発表することができます.
最下段にリストしておりますように,Invited Session もテーマが追加登録されて充実していますので,ふるってご応募ください.

この大会への参加は以下プロセスを参考にしてください.

Registration Process : 発表登録・概要登録〆切: 1月31日

1) まず,IASDR2013 に登録してください
 Registration Page https://www.gakkai-web.net/php-bin/gakkai/knt/iasdr/new2.php
2) 登録後ユーザーIDとパスワードが発行されますので,””My Page”” から発表情報と概要を入力してください.
3) 発表概要 (max. 400 words in English) を入力して,登録完了してください
なお,この概要は審査されず,そのまま以下のFull Paper の〆切までに完成原稿を投稿していただきます.

Full paper の〆切 : 3月15日
4) S””My Page”” から,Full Paper を投稿していただきます.Full Paper のテンプレートは準備中です.

Full Paper の仕様は以下の通りです.
– Language and format: English in A4 format (template will be prepared soon)
– Length of paper: Minimum 4 pages and limited to 12 pages, including references
– Size of paper: Smaller than 10 MB
 1) 12月末までに参加登録
 2) 2月末までに full paper の登録(full paper は,2名以上の査読者によって審査されます)

http://www.scj.go.jp/ja/int/kaisai/yotei.html
大会HP http://www.iasdr2013.jp/
会期は,2013年8月26日〜30日
場所は,芝浦工業大学豊洲キャンパス

<>
– Engineering Design
– Service Design
– Design Promotion
– Practice Design
– Ambiguity and Affective Engineering
– Life system and Affective Design
– Textile and Fashion Design for Global Business
– Architecture of Infrastructures in Our Age – Its Vision & Innovation
– Creative Reconstruction
– Kansei Robotics
– Aesthetic Experience in Design
– Design for Subjective Wellbeing
– Transdisplinary collaboration: lessons learned and implications for active living design
– Emotional Engineering
– Emerging Technology in Design
– Communication and Design
– Universal Usability – Design for People with Diverse Abilities and Experience
– Color and Design in Affective Life
– Cultural and Creative Industries
– Blending design research and practice
– Medical Design for Future

IASDR2013 組織委員会委員長 杉山和雄
IASDR2013    副組織院長 椎塚久雄(日本感性工学会会長)
IASDR2013    副組織院長 山中敏正(日本デザイン学会会長)